desperado

自分の足跡

Just Because!を見終えて

数ある2017年冬アニメの中でも1番期待していたJust Because!を視聴し終えたので感想を書こうかなと。

 

※ネタバレもちょっと含んでます。

 

一応ですねOPのやなぎなぎ氏のOver and Overも購入しました。

あと雑誌ダ・ヴィンチで連載されていた小説版の方も購入して読破しました。f:id:fencaad8:20180102123547j:image

 

結論から言ってしまうと、やっぱり期待していただけあって面白い作品だったと思います。

 

何が面白いかと言うとストーリー然り作画然りなんですが、最近よくある絵が良くてエロいカットがいっぱいあるから良作!みたいな風潮に逆行しているのが決め手でしょうか。

 

キャラクター原画は月曜日のたわわで有名な比村奇石氏が担当されているのですが別にエロに凝った訳でもなく、でも個性が立っていないかと言うとそうでもなく…(顔が似てるって感想もあったけれどそこは仕方がない…かな)

 

でもキャラも含めて絵は綺麗なので作画云々についてはいつ必要は無いかと思います。

 

個人的にEDの絵が凄く好きですね。

あのフワッとしていながらも夜の静寂さを醸し出している光加減とか良いかも。

 

が、Canonとせっかくタイアップしたんだからもうちょっと描写凝ってもいいんじゃないでしょうか笑

特にOPのPowerShot G5Xが怪しい…

7Dは良かったかな?ラストの12話で展示されてた写真の中の7Dとかは割と良かった。

 

ストーリーは鴨志田一氏が担当されています。生憎あまり作品については存じ上げていないので特に書けることもなく…申し訳ないです。

 

構成としては良くある高校生のラブストーリー系なのですが、ポイントになるのは多分「高3の終わり」と「転校生」って2点でしょうか。

 

普通この時期のラブストーリー書かないだろ!って気がしますけどね。その点かなり奇抜なスタイルになってるのでは。

 

ちょっと厳しいんじゃないのと思いつつ10話くらいまで見進めてから先程も挙げた小説を読んだのですが凄く良かったです。

 

読破後にアニメの残りを視聴したのですが、小説だと描かれていない場面がありますね。

でもちゃんと夏目さんエンドになってて良かったですね。

小宮さんもイケイケで嫌いじゃないけど。(むしろあんな感じの後輩とか良いよね惚れちゃいそう)

 

基本的に1話毎にサブタイトルが付くと思うのですが、そのサブタイトルに沿っていくと欠けている話(章?)がいくつかありました。

 

でも敢えて外してたのかな?と思ったり。

 

全部書き起こすより相違点を感じながら楽しむのもアリですね。

 

なんか前評判でアニメと小説のエンドが違うよ〜みたいな事を見た気がするんですけど、

変わってたのか…な?

よく分からなかった…

 

しかしながらオリジナルストーリーでアニメ化すると大抵失敗したりするケースが多いですけど、

この作品は上手にコンパクトにまとまってて良かった。

 

豪華声優!○○によるストーリー!原画○○!みたいに打ち出して、ニコ生で大々的に宣伝した癖に蓋を開けば評価するに足らない作品よりは

地味(褒め言葉)だけどストーリーも画も良くまとまってて視聴者からも好印象を得られた…

みたいな方が良いと思うので!

この作品はこれで良かったのではないでしょうか。

 

って誉めてる癖になんでベスト3に入れなかったのかと言うと、全部見終わってなかったからです。

見終わってから評価したかったの!(言い訳)

 

円盤欲しいな。買おうかな(10年後くらい?)

 

2018年もそろそろ冬アニメが放映開始の時期になって来ましたが、えーこの作品並みに良かったと感じられる物が出てくるのでしょうか。

 

楽しみです。

 

 

 追記

さっき手が滑ってJust Because!のエンディング

 テーマアルバムをポチってしまいましたv

いや〜ミスったぁ笑

EDテーマソングbehindのインストがどんなのか気になるし。まあいいか!