地球の隅っこ

ただのオタクだった件

GPUをオーバークロックする事

こんにちは。

ふぇんです。

 

Ryzen5でPC組みたいなーって思ってます。(Ryzen7は予算的に、スリッパ出ちゃったし後悔しそうだから5 1600がいいかなと)

 

タイトルの通りなのですがGPUオーバークロックする事の利点について考察していこうと思います。

 

まずGPUオーバークロックはかなり危険だという事を頭に入れておきましょう(よーわからんけどなwwwwww)

CPUのオーバークロックはクーラーを超でかいのに変えたり水冷にすれば(液体窒素とかもあるしね)限界というものはスカイツリー並みに高くなると思います。

が、GPUで限界を上げようとするとファンの回転数を常時100%にするとか(非現実的だけどね)水冷ブロックを組むとか(高いのじゃないと意味ないってか無駄だけどね)ほとんど選択肢が、ないです。

 

でも古いGPUとかを持っていて少しでもスペックを向上させたいのであればオーバークロックは案としては悪くないと思うんですよね。

 テストしてみましょうwwwwwwww

 

マザー 戯画のP67マザー(品番忘れたンゴ)

CPU i5 2500 (4.1Ghz OC)

RAM DDR3 1333Mhz

GPU MSI gtx970 gaming4G 

 

まず定格です。

f:id:fencaad8:20170611230717j:image

メモリもクロックも定格です。

 

次は1459Mhzでメモリも盛ってみました。

f:id:fencaad8:20170611225850j:image

 f:id:fencaad8:20170611230731j:image

かなり上がりました。

500も値が上がるとパフォーマンスに影響が出てくると思います。

 

次は禁断の…1500Mhz超え!w

f:id:fencaad8:20170611230903j:image

(1508Mhzにしました)

f:id:fencaad8:20170611230859j:image

まあ1459Mhzと比較すると大差ないです。

ですが定格と比較すると約600上がっています。

 

 

因みにですが僕の970のASIC値はこのくらいです。

(注:ASIC qualityとはGPUの当たり外れを示す指標のことでオーバークロック時の安定度に関係する。

目安として

100%→大当たり

81〜99%→当たり

75〜80%→普通

〜74%→外れ^^

となっている)

 

f:id:fencaad8:20170611231311j:image

72.8なので外れですねw

ですがこのくらいまでなら電圧を盛らなくてもOCできました(予想としては1550Mhzまで行けると思うけどやらない)

なのでASICを測ってみて(あと他の人のOCも参考にして)目標値を決めるといいと思います。

 

まさかやる人はいないと思いますがAfterBurnerのコアクロックをMAXまで動かさないようにしましょう。(ぶっ壊れるかPCが落ちるかのどちらかです。)

 

あとはオーバークロックする事で確実に定格時より熱を発するのでファンの回転数には気をつけたほうがいいかと思います。

 

オーバークロックすると上のランクのGPUに勝てるかも……(?)ってお話でした。

それでは。