最後の風呂に入ってきました

こんばんは。

ふぇんです。

 

ここ最近は天気があまり良くなかったですが今日は晴天で暖かかったですね!

 

前置きはこの辺にしておいてついに第三次世界大戦が始まるかもしれませんね。

 

https://abematimes.com/posts/2259265

 

いや〜本当に核ミサイルが日本に当たったりしたらとんでも無いことになりますよ。

 

まさかとは思うけれども対処法ないなんて言わないよね?!?!

 

って事で日本の弾道ミサイル迎撃システムはどんなものなのか調べたんですが、

 

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10105415695

 

知恵袋(笑)

 

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/west/amp/160301/wst1603010005-a.html

 

産経新聞(笑)

 

大まかに2つのシステムがあります。

1.PAC-3

2.SM-3

です。

 

 

わかんねえよ!!

 

超適当要約をすると、、、

 

PAC-3は射程が短いかわりに移動式で様々な場所にセットできるそうです。

 

http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50742153.html

(SM-3について)

 

SM-3は長距離間の迎撃に対処できるのですね。

イージス艦に搭載されているので海から発射すると。

 

いくら射程が長くたって迎撃率が100%ってことはまずありえないでしょうから最悪の事態が起こる可能性は少なからず存在するということですな。

 

まあそんな訳で風呂に入ってきました^^:

 

気持ちよかったです(小並感)

 

まあ核ミサイルによって殺されるかもしれないので最後の風呂ということで楽しんできました。()

 

あーだりぃ…

 

 

 

 

冴えカノを見たゾ!

こんにちは。

ふぇんです。

いよいよ4月になりましたね!新生活が始まったら新天地で活躍される方もいると思いますが、今年度もよろしくお願いします。

 

 

さて。話は変わりますが…

 

今年の目標の1つに文字を読むというものがあったりします。(後付け)

 

要は本を読むって事ですね。

 

別に本に触れたからといって年収が増えたり頭が賢くなったりするわけではありませんが、何かを体験することは出来ると思います。

 

フィクション小説を読めば魔法使い(30歳DTの事ではない)になったり、世界を股にかける超強スパイになったり…

伝記を読めば人の一生を体験できたりする…かもしれません。

 

もちろんこれ以外にも様々な体験はできると思いますw

 

もう一つ本に触れることで得るものがあると思います。

 

そうです。語彙力ですね。

赤ちゃんなら「バブー」とか「パパ!ママ!(あずにゃんペロペロ^〜)」とか「おっぱい!!」だけでもいいのかも知れませんが、社会人ないし学生はそんな訳にもいかず、ある程度の語彙力をつける事は必要不可欠だと思います。

 

ですがただ単に本を読めば身につくものでもないと思うんですよね。

 

そこでラノベなんですよね〜(別に深い意味はないです)

 

ラノベって語彙の巣窟だと思うんですよ。

 

1ページに聞いたこともない単語がずらぁぁぁ〜っと並んでます。

 

それらにさほど重要な意味がなかったとしても、単語に変わりはないです。

 

仮に100単語あったとして少なくてもそのうちの1割、いや2割くらいは日常的に使えるものもあるのではないでしょうかね。

 

そんなわけで今年は本を読みます。

 

ここまで700字使ってきて疑問に思う人もいると思うのですが、それが何故記事のタイトルに繋がるのでしょうか…

 

それは冴えカノがラノベ原作だからです(キリッ

 

まあまだ原作読んだことないんですがね(8割の確率で原作を読んだ後にもう一回アニメ見ると思う…だから…いいよね…)

 

今は何月か覚えていますか?

そう。4月です。

 

春 ア ニ メ だ ゾ !

 

4月から放映開始となる春アニメの中に

冴えない彼女の育て方♭ 』

という作品があります。

これは『冴えない彼女の育て方』の2期に当たるのですが、どうもネットを見ている限りだと1期は途中で終わっているようなのです。

2期はその続きという事で、話をスムーズに理解するには1期を見ておく必要があるという事ですね。

あと春休みで暇し(ry

なので1期を見る事にしました〜

前から気になってはいた作品だったし、dアニメのお気に入りにバッチリ登録してあったのも要因です…

 

そんな訳で12話見ました。

 

ネタバレや原作は見てないので、本当に初です。

 

ふぇん的ポイントとしては

  1. 主人公ハーレムスギィィィ
  2. ヒロイン最強スギギィ(え?恵ちゃん?)
  3.  エロスギィィィィ!!!(あ^〜)
  4. 話の終わり方

です。

まず1についてです。

 

原作の導入がどんなものなのかは知りませんが、「1話の時点で既に女の子と仲よすぎでしょ…」

って思いました。

他の作品だと1発目からハーレムはあまり無い気がする。

あとみんな可愛い。(推しが誰かバレそう)

 

2については、全体のストーリー的に最強ヒロインだからこそ成り立っている感が強いですね。

詩羽先輩はプロのラノベライター。

英梨々は人気同人誌作家。

あれ…恵ちゃん…

 

恵ちゃんはこうして見ると微妙ポジな気もしますが、中和させる役割として見ればいいかもしれないですね。

最強ヒロイン達の中に一人凡人みたいな。

必要不可欠だね。

 

そして3つ目。

本当にエロい。

 

何話か忘れた(おい)けれども倫人が英梨々を迎えに行く話の時の英梨々エロい。

 

アニメって大抵水着フラグが発生しますがその代わりだとしてもエロい。

 

暗闇に佇むプリンセスみたいな感じでエロい。(エロい)

 

あと一々同人誌のネタになりそうな体制をとるなw

美智留の幼馴染ポジを利用した「ナニコノエロゲ」みたいな姿勢、エロいゾ!

2期にも期待したいですね。はい。

 

 

また4つ目に関してなのですが、ED曲のカラフルが素敵なんですよね…

 

言ってたと思いますが「曲で泣かせてみせる」まではいかなくても、曲で感動するって案外見落としがちかもしれません。

 

OPかEDがいいアニメは名作みたいな理論が自分の中出来上がっている(えぇ…)のですが、この作品はそれに当てはまっていますね。

だから名作とは言いませんが、曲は大切だよって事に気がつかせてくれました。

 

因みにカラフルのRemixは原曲のイメージを保ちつつも、もっと派手にしてくれてます。

聴きやすくなってる気がするのは自分だけなのかな。

https://youtu.be/veutrJ7Y8_8

 

そんな訳で『冴えない彼女の育て方』視聴感想を終わりにします。

 

始業式の校長先生の話くらい長くなってしまいましたが、文字に触れるいい機会だと思ってくださいw

 

それでは〜